オートメーションと環境問題

近年、地球温暖化の問題が世界レベルでクローズアップされています。その要因となっているものは急激な工業化に伴うCO2の排出量の増加ですが、その原因の1つにオートメーションの問題があります。古くは様々な作業を人間が手作業で行っていた工業生産の現場では、人間の代わりに機械がその工程を行うと言うオートメーション化が急激に進んできました。そのため、人間の手を煩わせずに様々な作業が効率的に進められるようになった反面、機械を動作させるために化石エネルギーの消費が非常に著しくなり、そのために発生するCO2の量が非常に増大してしまったのです。

さらにオートメーションの機械は様々な有害物質を排出することにもつながり、高度成長期には日本では様々な公害問題も発生しました。現状ではこれらの問題は様々な規制を加えることで自動化機器の生産会社の様々な企業努力や、これを使用する工場などの自主規制が進んだことにより改善されていますが、それでも自動化による環境問題は様々な形で常に提示されているのが実態です。

地球環境の汚染は未来に大きな影響を及ぼすものである事は歴史が物語っています。人間が登場してから様々な文化が進んでおり、これによりいろいろな環境問題も常に提唱されてきました。過去には多くの公害問題を引き起こしたことも多く、またそのために様々な生物が絶滅していると言う歴史も存在しています。現在では地球温暖化が非常に大きな問題となっていますが、これは現在突然発生したものではなく、様々な利便性を人間が追求した過程で徐々にその環境が破壊され、現象が顕著になっていったものと考えられるのです。

地球温暖化の問題は特に未来の子孫に対して様々な影響を及ぼす事は容易に推測できるものです。過去の歴史を振り返った場合には、かつては考えられなかった現象が現在でも発生しています。北極や南極の氷が溶け海水の水位が上昇することにより、現在人間の住んでいる地域が徐々に狭まっている事は多くの人が認識しているものです。そのため何らかの対策を行わなければならない状況となっているのです。
現代の産業においては自動化の流れを後退させることは非常に難しいものとなっています。しかし、同時に環境問題は未来の子孫に大きな影響及ぼす問題であるため、最悪の場合には自動化の流れを止めても実現しなければならないものとなっているのです。この点を十分に意識して行動することがこれからの社会には求められるものとなります。