配達ロボットから見えてきた「宅配の近未来」

従来の宅配は人によるマンパワーを必要としていましたが、近未来はそれに代わってロボットの機械による方法で宅配をしてくれるサービスが主流になりそうです。配達ロボットは荷物を運ぶ上でのボックスを兼ね備えており、しかも四輪で自動運転技術によってお届け先に運搬する形で行われます。

宅配の世界でのオートメーション化は、宅配業界の人手不足、しかもコロナ禍の中で対面による受け渡しが忌避される事情もあり、望まれることです。特に猫の手も借りたくコスト削減を果たしたい運搬業界でも追い風で、今後は積極的な導入が検討され始まるに違いありません。

もしこれが今後、普及することになれば、宅配業界や運送業界の人手不足の問題などを総て解決していく形になるのではないかと思われます。さらには訪問時の不在などのケースに関しても対応することができるようになりますので、100発100中の荷物の受け渡しも可能にするはずです。

もっと現時点での配達ロボットが走行する場所は歩道であり、360度の周囲の状況を認識しながら時速6kmで走行するタイプで、比較的にコンパクトな動きになります。ボックス内には50kgの荷物を積むことができるので、大抵の荷物は持ち運ぶことが可能です。もちろん階段などの上り下りに関しては難しい事情がありますが、物をお届けする場合には予定時間に家の外で待っていれば、そこに到着するので、そこまで取りに行く形で利用することになります。

ただエレベーターであれば昇ることができるので、高層マンション群の配達でも十分に利用することができます。もちろん歩道よりも、マンションなどの敷地内での運搬の方が自動車や自転車、歩行者の邪魔にならないので、最適になります。

そのため近未来では、まずはマンションなどの敷地内でロボットを利用する形で、宅配を可能にすることから始まるに違いありません。他にもドローンを利用した配達方法の運用まで始まっていますので、確実的に機械によるオートメーション化になるはずです。

つまり近未来の配達はほとんどがオートメーション化され、配達ロボットが巡回して来て、それで荷物の受け渡しをする形になります。機械による方法でも人工知能なども搭載させれば受け渡しのコミュニケーションの他に、街行く人とのコミュニケーションまでも可能にする可能性もあり、挨拶やちょっとした会話まで楽しむことができます。

他にも配達ロボットが街の至る所に巡回していれば、街自体の監視までもすることができ空き巣や強盗などの犯罪を防いだりできるはずです。子供の送り迎えなどでも活躍でき、平和的な社会が訪れる可能性もあります。

近い未来のロボットとは

近 未来 ロボットはすでに実現しつつあります。たとえば自動 走行 ロボットは、一部の地域ですでに実現しています。自動車メーカーの敷地内では運転席に人が乗らないトラックが走行しており、オペレーションの効率化に貢献しています。多くの自動 走行 ロボットは遠隔操作で人が運転できるようになっており、万が一のケースにも対応できます。

近い未来のロボットとは

似たものとして配送 ロボットがあります。一般道などを走行するわけでありませんが、工場や倉庫内で商品や部品などを配送する役割を担います。ロボットが自ら判断して動くには最新 ai ロボットの発達が望まれますが、一部の決まった動きについては人の手が必要なくなるでしょう。現在は人が運転するフォークリフトが走り回っている倉庫も、無人同然になる可能性があります。

さらに発展すると宅配 ロボットも一般する可能性があります。道路を走行するのではなく、空を飛ぶドローンは一部が実用化されています。離島への宅配目的で、自動飛行のドローンが飛んでいるのです。晴天で風が弱いなど条件はありますが、遠隔操作をすることなく飛ぶことが可能です。これがもっと一般的な宅配で使用される可能性も否定できません。トラックよりもエネルギーを使うことなく、省エネルギーを実現する可能性があるのです。